上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「48文字の初恋ものがたり」
無茶ブリ^^ともいえるお願いに、真剣に取りくみ応えてくださって
ありがとうございます!! ヽ(^◇^*)/

ところでふと気がついたことですが、「初恋」って一度きりじゃない
と思うのですが、どうでしょうか?
私自身、中学、高校、大学、就職先で・・・と、たびたび「初恋」を
していますので^^、皆さんも同じだと思い込んでいたのですが・・・。

これから詩を作って下さる方は、一生に一度の初恋にこだわらず、
「その人」を初めて好きになり、心をゆさぶられたときの想いを綴って
下さればと思います。バンバン爺さんがおっしゃるように、
「その人」は恋人でなくてもかまいません。

そんな企画意図を先回りして、素敵な作品が届きました。


おび初恋ものがたり

せいず448048文字

ビル建設48文字真
シリアルAJISAI薄青006 雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
カッコいい女性ですね~、同僚の方ですか?
新人の頃から一人前になるまで、ずっと見守ってきた
素乱風さんの想いが伝わってきました。
女性でも男性でも、やっぱり働く姿が一番魅力的ですよね♪

******************************************************
しょう女サンダル48文字

じょし高生読書48文字
シリアルAJISAI薄青007 雅号「バンバン爺」様作品

【ご本人コメント】
「初恋」と言う題名にとらわれて、初恋⇔思春期⇔学校との構図
からなかなか抜け出せませんでしたので、
風呂も入らせおむつも替えた、甥の長女の赤ちゃんのときと
思春期のときを、お爺の想い出話として詠んでみました。

【紫陽花】
問題提起をしていただいて、ありがとうございます!
皆さんも「初恋」の言葉を、もっと自由にとらえていただければ
と思います。
おむつを替えた赤ちゃんが、みるみる大きくなり恋に恋する
年頃になる・・・嬉しいような切ないような・・・時の流れが
感慨深いですね! 

******************************************************
わかば548文字正

ゆりピンク48文字正
シリアルAJISAI薄青008 雅号「汐海 岬」様作品

【紫陽花】
童話から恋の詩集へ、恋をすると手にする本さえ変わって来ますよね。
そんな乙女ごころが伝わって、心に沁みました。
きっとその時の岬さんのまわりには、清らかなオーラが漂っていた
のではないでしょうか。(イメージとしてはミントグリーン?)

******************************************************
こうべ北野坂48文字正

こうべ48文字
シリアルAJISAI薄青009 雅号「とりがら」様作品

【紫陽花】
神戸の街に咲いた、淡い初恋ものがたりを詠んで下さったものです。
「そういふこと」の言葉の後に「?」がつくのか「!」がつくのか気になる
ところ、ちょっとクールで意味深ですね!

作者のとりがらさんによると、神戸を離れるときに「旅立つ彼(ひと)」
という曲が入った高石友也のLPを贈ったとのこと。
その後しばらく手紙のやり取りをしたけど、いつの間にか途絶えて
しまったそうです。( ^^)/(・・、)アゥアゥ  

******************************************************
メモ帳248文字
シリアルAJISAI薄青010 雅号「八十日目」様作品

【紫陽花】
手作りのメモ帳をくれる彼女、優しい人ですね!
八十日目さんへの思いも深かったのではないでしょうか。

抽斗に入れたままの手帳、ときどきは外に出して
風に当ててあげましょう。^^)

******************************************************
ほっかいどう羅臼の海48文字

バイク(苫小牧・旅の終わり)48文字
シリアルAJISAI薄青011 雅号「花散里」様作品

【紫陽花】
「白夜はもう明けた」の一節は、「もやもやは晴れた、もう迷わない」
の意味でしょうか?
旅に出たがる男性(恋人をほったらかして)と、それを待つ女性の対比が
鮮やかですね。結局は待ちつづける人の勝ちのような気がします。
ついでながら、私はいつも待ちきれず全敗です。o(〃^▽^〃)oははは  

******************************************************
ばしょう布48文字正
シリアルAJISAI薄青012 雅号「翔」様作品

【ご本人コメント】
先日TV番組で紹介された、沖縄の芭蕉布の第一人者で人間国宝でも
ある平良敏子さんのことを詠ったものです。
沖縄占領後、マラリア蚊の発生源になるという理由で、米軍に切り倒された
芭蕉畑の惨状に、「ただ耐えるしかありませんでした」の言葉が
ズシンと響きました。
幾多の困難を乗りこえて、芭蕉布を芸術品の域にまで育て上げた平良さん
の穏やかな笑みに、昔の女性の芯の強さと美しさを知りました。

******************************************************
スポンサーサイト
2013.10.09 Wed l 575長月2013 l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。