上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ようやく陽射しもやわらぎ、朝晩は涼しさを感じる季節になりました。
皆さまには、いかがお過ごしでしょうか?

この夏の猛暑と、局地的な豪雨のもの凄さには何か異常なものを
感じましたね。被害に遭われた地域の皆様には、この場を
借りて心よりお見舞い申し上げます。

ご投稿の皆さまの中には新盆を迎えられた方もいらっしゃった
ようですが、暑さの中お疲れのことでしょう。

身心ともに一日も早く回復され、元気に新しい季節を迎えられ
ますように・・・。    (紫陽花)


グリーンベタお題で575

花氷
はな氷8内緒話

雅号「汐海 岬」様作品

【紫陽花】
素敵な作品ですね。花氷と内緒話の取り合せに詩情があり、
静かな中に物語が垣間見える、独特の岬ワールドに引き込まれました。

********************************************************
はな氷4いけにえ

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
花氷の花を「いけにえ」に見立てたところが、新鮮ですね。
ちょっと囚われの美しい女性のイメージもあったりして、ドキッとしました。

********************************************************
はな氷12時間よ止まれ新

雅号「とりがら」様作品

【紫陽花】
時間は決して止まらないからこそ、人は「時間よ止まれ」と願う
のかも知れません。花氷もその一つですね。
花氷に託して、何か別の「今の、この幸せがいつまでも続きます
ように」との想いが込められているのかも知れません。
何しろ、一筋縄ではいかないとりがらさんの作品ですから
油断できないのです。(*^m^*)

********************************************************
はな氷14止めた時間

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
時間は決して止まりません。でも、その時間を止めたり、また
動かしたり自在に感じることができるのは、人間だから。 
それが詩心、575なんだとふと思った作品でした。 

********************************************************
はな氷7まだ溶けぬ

雅号「汐海 岬」様作品

********************************************************
はな氷9溶けてゆく

雅号「汐海 岬」様作品

【紫陽花】
怒りにまつわる秀句を二つ。君の怒りと私(作者)の怒りが、立場こそ
違え、美しい花氷を見つめているうちに少しずつ溶けてゆく・・・。
信頼する二人の間に流れる、穏やかな時間を感じ心に残りました。

********************************************************
しょうちゅうロック2猛暑日は

雅号「八十日目」様作品

【紫陽花】
コラコラ、せっかくだから花氷も見て下さい。(*^m^*)

********************************************************

セイリング
パラセーリング空と海とが

雅号「とりがら」様作品

【紫陽花】
天と地が入れ替わるという発想、浮遊感が秀逸ですね!
経験がない人をも、十七文字で雄大な空と海の散歩に連れ出して
くれるようです。

********************************************************
セ―リング10自由である

雅号「花散里」様作品

【ご本人コメント】
「私は海を行く 再び帰ろうと海を渡る 嵐の海を抜けて
あなたに近づくために 自由であるために・・・」
初めてロッド・スチュワートの「セイリング」を聴いたとき、
天啓のように感じました。
停滞や迷いを感じたとき、いつも耳元に彼の唄声があります。

********************************************************
セーリング14波は赤い服

雅号「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
これは、男性ならではの作品ですね!
こういう感覚は、女性(マリンスポーツをする方は別ですが・・・)には
味わいたくとも味わうことができません。
だからでしょうか、海のスポーツをする人には憧れを感じます。

********************************************************
セーリング7夕凪を待ち

雅号「汐海 岬」様作品

【紫陽花】

人生は航海に例えられますが、果てしない旅もいつかはハーバー
に帰航するものでしょう。
美しい夕凪の中で、向う見ずな冒険の終りと、ひとつの恋の始まり
を予感させ、心に残りました。

********************************************************
セーリング8反転の

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
風のままに大きく翻る頒布は、気の合う友人同士の会話の
ようなものかも知れませんね。
臨場感あふれる句で、大海原を航行するヨットにのせて貰って
いるような気分を味わいました。

********************************************************

二重虹
にじ八ヶ岳君の瞳に

雅号「とりがら」様作品

【紫陽花】
素敵なキラーワードですね♪
瞳の中に海があるというのは聞いたことがありますが・・・。
とりがらさんは、「君」のことが本当に好きなのでしょう。
こんなことを本気で言われたら、一生ついて行きたいと思います!
O(≧▽≦)O

********************************************************
にじ恋をするシナリオ

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
恋は突然のできごとの連続、シナリオ通りに行かないものですが・・・。
二重虹は幸せの前ぶれだとか。戸惑いながらも、心浮き立つ想いが
伝わってきます。私としては、硬派の素乱風さんから、こういう作品を
いただいたことに感激です。

********************************************************
ふたえ虹10過去のこと

雅号「汐海 岬」様作品

【紫陽花】
過ちや後悔、自分で自分を許せないでいる過去の小さな罪も、
大自然が見せてくれる奇跡の前では、些細なことに思えてきます。
「虹が許してくれた」という着想が、岬さんならではのもので
感銘を受けました。

********************************************************
ふたえ虹14迷い道新

雅号「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
一般には吉兆とされる二重虹を、二者択一がむつかしい
二つの「橋」と捉えられたところに驚きを覚えました。
こんな感じ方もあるんですね!

********************************************************
ふたえ虹16性格は

雅号「八十日目」様作品

【紫陽花】
着想が面白いですね! 兄弟みたいなものでしょうか。
参考までに、二重虹の主虹は外側が赤・内側が紫なのに対して、
副虹は色の並びが逆になります。
これは、太陽光線が水滴や雨粒の中で2回屈折・反射することに
よってできるのだそうです。

********************************************************
ふたえ虹12F太平洋

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
高精度な広角レンズで、二度とないシャッターチャンスを捉えた
ような、爽快さが伝わってきました。世界遺産に登録を
果たしたばかりの富士山にかかる二重虹、まさに僥倖ですね! 
何かいいことが起こる前ぶれではないでしょうか♪

********************************************************
ふたえ虹父の肩

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
こちらは一転して、セピア色の写真のような作品で
温かい気持ちになりました。そのお父様は、お元気ですか?

********************************************************
ふたえ虹11見つめ合う

雅号「汐海 岬」様作品

【紫陽花】
恋をしている二人で一緒に見上げられたら、と想像して詠まれた
作品とのことです。互いに見つめ合う時間と、虹を眺める時間は
どういう配分になっているのでしょうか? (*^m^*)

********************************************************

若夏
よろん島3川なき島新

雅号「とりがら」様作品

【紫陽花】
川のない島とは、与論島のことでしょうか?
与論島の写真集を作るなら、その冒頭に掲載したい作品ですね。
マングローブを渡る、若夏の熱く乾いた風の音が聴こえるようです。

********************************************************
カフェ若夏や

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
南欧かどこかのリゾート地が目に浮かぶ、絵画みたいな作品ですね。
若夏だけに見える、弾けるような光のシャワーを感じました。

********************************************************
すな浜と女性恋をまた

雅号「汐海 岬」様作品

【紫陽花】
若夏の眩しい光の中で、ゆれ動く乙女心。彼女はどこへ
向かうのでしょうか? 恋の吟遊詩人(私が勝手に命名^^)岬さんの
真骨頂を見せていただきました。

********************************************************
シーサー若夏に

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
同じ屋根につける魔除けでも、こちらの鬼瓦と比べて、沖縄地方の
シーサーは、底抜けに明るくユーモラスなデザインが特徴です。
そんなところに逆に、沖縄に流れた長い長い闘いの歴史と、島人の
熱いエネルギーを感じます。

********************************************************
しょか三つの蕾若夏の

雅号「八十日目」様作品

【紫陽花】
「そろり」が感じ出てますね! (゚ー゚)(。_。)ウンウン
いよいよ夏本番の
出番を前に、スタンバッてるお日様が目に浮かびます。

********************************************************
すな浜と人若夏の風

雅号「汐海 岬」様作品

【紫陽花】
若夏に涙は似合いませんよね。 p(*^-^*)q

ピンク帯平成のいろは歌夏

色は
あさがお2色は赤

雅号「台所のキフジン」様作品

【紫陽花】
朝顔の紅色が、空の陽を映した色だったなんて・・・。
相変わらず素晴らしい感性を届けていただきました。
夏の間は、リハビリと避暑(?)とダイエット^^を兼ね、ご自宅を
離れてパソコンのない生活をされるとのこと、しばらくご投稿がなく
寂しく感じていました。もう、ご自宅には戻られたのでしょうか?

********************************************************
しろむく色着けず新

雅号「八十日目」様作品

【紫陽花】
秋の挙式を待つ花嫁さんの心境でしょうか。
人生で、一番幸せな日々ですね。

********************************************************
なつの花十勝君から羽化

雅号「台所のキフジン」様作品

【紫陽花】
「きみから羽化した」に心惹かれたのですが・・・。
よろしければ、作者の意図を自句自解でお願いします。

********************************************************
きんぎょ3夏色は

雅号「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
なぜか「昭和」を感じさせる作品。
心の奥深いところにしまってある、懐かしい風景です。

********************************************************
スイカ色は赤

雅号「台所のキフジン」様作品

【紫陽花】
赤、真っ赤と重ねたところに、作者の深い想いを感じました。
真っ赤な「とき」とは、熟して美味しい「とき」という意味だけでなく、
収穫までの長い時間や、丹精して育てた人の苦労に想いを
巡らされたものでしょうか?

********************************************************

匂へど
あまさん浜辺で休む海女父母の里

雅号「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
ふるさとの風景は、幾つになってもどこに住んでも、
変わらない心の原風景であり、バンバンさんの人格形成の大きな
部分を占めるものなのでしょうね。そして、ご両親の思い出もきっと・・・。
そんなことを感じさせる作品で、心に沁みました。

********************************************************
アザミ夏草の

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
平成の市町村大合併は、悲喜こもごもの物語を生み出したことでしょう。
村から市になって、果たして良かったのか悪かったのか?
熱気を帯びて立ちのぼる草いきれから、人々の複雑な想いが伝わって
くるようです。

********************************************************

散りぬるを
はなびらシルエット散りぬるを

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
幾つもの季節を過ぎて、ふと立ち止まってみるインターバルの
ような瞬間。脳裏に去来するのは、喜怒哀楽どの感情でしょうか。
感慨にひたる、素乱風さんをとても身近に感じました。

********************************************************
はなび7散りぬるを

雅号「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
会場に行って見るのとは違う、「遠花火」に夏の終りのそこはか
とない寂しさを感じます。
「遠花火」には、遠い日の恋というような意味もあるみたいですね。

********************************************************
セミ散りぬるを

雅号「八十日目」様作品

【紫陽花】
夏の終りを蝉の声に投影して、儚いと感じるのは人間の側の
想いかも知れません。蝉は生を全うするその瞬間まで
何も知らない、そんな気がします。

********************************************************

わが世
あさがお青一輪2五七五

雅号「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
山道や坂道を越え、時にはいばらの道も通り過ぎ、花も実も
ある人生を送る人だけが到達できる、穏やかな境地でしょうか。
五七五道を訪ねる人は、こうありたいものだと感じました。

********************************************************
さけと本酔える酒

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】

どちらも人を酔わせ、まだ見ぬ世界を見聞させてくれ、夢を見せて
くれるものです。素乱風さん、こんな風に言い切れるなんて、
いい人生を歩んでいらっしゃるんですね!

********************************************************

常ならむ
ゲリラ豪雨常ならむ正

雅号「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
心ある人なら、今年の夏ほど「常ならむ」事象に心痛めた年はなかった
のではないでしょうか。
「諸行無常」という仏教の教えも、人類が自ら選んだ地球の行く末までは
予見できなかったということなのか・・・。
この句は、そんな空恐ろしさを暗示して心に強く残りました。

********************************************************
きょうと下賀茂神社常ならむ

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
酷暑の夜、素乱風さんが体験した「夢の世界」とは何なのか?
気になりますね♪

********************************************************
奥山
いなか田んぼ母の八十年

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
民謡・花笠音頭の、「娘盛りを なじょして暮らす 雪に うもれて針仕事」
という歌詞を思い出しました。
かつての日本女性には、そういう人も多かったのでしょうね。
そんなお母様への想いが詠われていて、切ないけど温かい気持ち
になりました。

********************************************************
れいほう月山霊峰なりて

雅号「素乱風」様作品

********************************************************
やまぶし5祈り

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】

山岳信仰は、聖なる山には神が鎮座し、霊的な力が宿るとして古来
より信仰の対象となったものです。そんな深山幽谷に分け入って、
厳しい修行を積むことにより、超常的な験力を身につけた修験道の
実践者が、山伏とも呼ばれる修験者です。

修験道の聖地である英彦山(大分)で、古い修験者の暮らしについて
話を聞いたことがあるのですが、
江戸時代の修験者は、村々を巡り、全国各地の珍しい話や物産を運んで
来てくれる者として尊敬され、若い女性たちにとっては来訪が待ち遠しい
アイドルのような存在だったらしいですね。 d(゚-^*)
*英彦山の記念館には、若い女性からのラブレターが残されています。

********************************************************

今日
アイスキャンデー5今日生きた

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
何故か気になる作品。一日一日を、大切に生きている証しということ
なのか、アイスの包装紙にそれを感じられたところに独創性があります。
素乱風さんの句には、どの作品にも共通することですが、
どうしてもサッと読みすごしにできない、哀感がありますね。

********************************************************
しゅくだい昆虫今日

【バンバン爺】様作品

【紫陽花】
o(〃^▽^〃)oあははっ♪
今この句を読んで、全国の5000人ほどのパパが
ハッとしたのではないでしょうか。

********************************************************

浅き
せんきょポスター浅き中身

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
落選した候補者の運命を、ゴミが語っているかのようです。
国民の代表であるべき人たちのことを、今ひとつ信用できない・・・。
そんな日本って、どうなのでしょうか。

********************************************************

夢見し
じこく表4翔びたし

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
翔びたいと願う少年の夢を、時刻表に託されたところが秀逸!
松本清張の時刻表にまつわるエピソードを思い出しました。
幼い頃貧しかった清張は、いつも時刻表を友として、見知らぬ街
を訪れる自分を夢想し、ひとり遊びをしていたそうです。
貧乏だったお蔭で、どこまでも自由に想像力を羽ばたかせること
ができ、今の自分があると述べています。

ブルー帯夏のふるさと選抜

神奈川

サーフィン4湘南の

雅号「八十日目」様作品

【紫陽花】
先日東京から鎌倉へ移動の途中、車窓から湘南の海を眺め、
サザンオールスターズを思い浮かべました。
やはり湘南にはサーファー、そしてサザンの音楽が似合うようですね。
今度は途中下車して、日本海とは違う海の空気を満喫して
みたいです。

********************************************************

長野
ながの山小屋涼しさが

雅号「いいだやひやく」様作品

【紫陽花】
時間の経過を寒さで表現する・・・登山をする人にしか詠めない
句ですね。猛暑にはうれしい、清涼剤をいただいたような気分です。

********************************************************

岐阜
ぎふ郡上踊り3一揆の

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
「郡上踊り」とは、岐阜県郡上八幡で400年にわたって歌い踊り続け
られてきたもので、日本三大盆踊りの一つ。7月中旬から9月上旬にかけて
三十三夜にわたって踊られる、日本一ロングランの盆踊りなのだそうです。

素乱風さんによると、江戸時代にこの地で起こった大規模な一揆の
歴史が歌詞に残っているとのこと。
いつも興味深い歴史を教えていただき、ありがとうございます。

********************************************************

愛知
あいち 松坂屋包装紙中身より

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
どこにもあるんですね~、こういう包装紙マジック^^!
同じものをいただいても、その包装紙だと「何だか、自分が大切に
されている」感が30%ほどアップするという現象。
これをきっかけに、他の県ではどうなのか、果たしてそれは重要な
ことなのか、包装紙論争がまき起こると面白いですね。(゚∇^d)

********************************************************
あいちきしめん郷愁を

雅号「八十日目」様作品

【紫陽花】
以前旅の途中、名古屋空港できしめんを食べ、美味しさに
感激した思い出があります。あの時は慌ただしかったので、
今度はゆっくり味わってみたいです。

********************************************************
あいち米田珈琲店2スタバより

雅号「素乱風」様作品

【紫陽花】
素乱風さんによると、名古屋の喫茶店の代表格は「コメダ珈琲店」
で、スターバックスの影は薄いそうです。
ところで、名古屋では朝コーヒーをオーダーすると、モーニング
セットが無料でついて来るって本当ですか? d(⌒o⌒)b♪

********************************************************
京都
きょうと大河内山荘庭園老優が

雅号「とりがら」様作品

【紫陽花】
京都嵯峨の小倉山に建つ、大河内山荘庭園を詠われた句です。
大河内山荘は、大正~昭和初期に活躍した俳優大河内伝次郎が、
映画出演料の大半をつぎ込み、30年の年月をかけて造り上げた
別荘と庭園です。広大な敷地に桜や楓を配した回遊式庭園で、私も
行ったことがありますが、とりがらさんが言われるように、まさに老優の
精神世界を覗き見る素晴らしさです。嵐山や保津峡を借景にして
いて、庭園から一望する京の街並みは絶景!
嵐山を訪れた時は、一度ぜひ立ち寄られることをお勧めします。

********************************************************

大阪
おおさか黒門市場4アホ

「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
(〃^∇^)o_彡☆あはははっ やっぱりそうですかぁ~!?
以前関西の友人が福岡に遊びに来たとき、お洒落なブティック
でアクセサリーを買うのに、ひたすら値切り倒すのを見て、
身が細る思いでした^^。別の関西の友人にその話をすると、
「そんなん常識!」と言われてしまいました。 ハ(^▽^*)スゴイ

********************************************************
おおさか ビリケン増殖

雅号「とりがら」様作品

【紫陽花】
えっ、本当ですか?(ネットで調べてみると、本当みたいですね)
私が大阪にいた頃、新世界は「あまり近づかない方がいい^^」って
言われたものですが、関西の友人によると、随分明るく様変わりして
いるみたいですね!

********************************************************

大分
おおいた別府温泉海地獄ハミングで

雅号「バンバン爺」様作品

【紫陽花】
「逝こう」が笑えますね。
これは「行こう」の転換ミス^^ではないんですよね!
行間に、「ルンルン」とハミングするバンバンさんの
声が聞こえるようです。d(⌒o⌒)b♪ 

********************************************************






スポンサーサイト
2013.08.28 Wed l 575文月2013 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

わーい
ととりあえず一言。
暑かったし、紫陽花さんはお仕事も大変だったのでしょう。
更新ありがとうございます。
2013.08.28 Wed l とりがら. URL l 編集
ありがとうございます。
 今回もまた素晴らしい背景写真を選択いただき、ありがとうございます。
 加えて、私の拙句「潮の香は匂えど父母の里遥か」に付けていただいた写真は我が家の同町内で、およそ6kmのところにある「広の浜」にほぼ間違いなかろうとお見受けするのですが、確かな選択眼に敬服いたしております。

 さて、僭越ながら目にとまった4作品について、感想など申し述べさせていただきます。
 今回は奇しくも素乱風さんばかりが目に付いてしまったのですが…。

 素乱風さんの「美しきいけにえの咲く花氷」は、初めて花氷の実物を見たとき背筋に走った、悪寒のようなものが甦ってしまいました。
 と言いますのは、以前テレビで見たイタリア・パレルモのカップッチノ・フランシスコ修道会の地下納骨堂に安置されて、「世界一美しい遺体」と言われているロザリア・ロンバルド(Rosalia Lombardo, ? - 1920年12月6日 享年2歳)の姿が、初めて見た花氷によって瞬間的に頭をよぎり、そのまま心の深層に刻まれてしまったようなのですが、90%の美しさの陰に潜む10%の痛ましさを感じずにいられません。

 汐海 胡さんの「花氷見つめて溶けてゆく怒り」は、女性ならではの優しさと切なさに溢れる秀作だと思います。
 いいこと教えていただきましたので、冷凍庫に花氷20個ばかりキープしときます。

 素乱風さんの「夏草の匂へど市制敷きし村」は悲喜こもごも…と言いたいところですが、悲哀の方が大きく多いと感じられてなりません。

 素乱風さんの「翔びたしと夢見しころの時刻表」は、誰しもが胸にチクッと痛みを覚えた作品ではないでしょうか。
 上の作品と言いこの作品と言い、ともすれば見逃してしまいそうな題材に、目を留められる感性がうらやましいです。
2013.08.29 Thu l バンバン爺. URL l 編集
とりがら様へ
v-22 「わーい」返しv-411v-411i-185
とりがらさんの「わーい!」には、いつも背中を押されています。
ありがとうございます!!

こう見えて、心はいつも揺れ動いているのですが、皆様のご投稿や
コメントを見て、継続していこうという力になっています。

久しぶりの盆帰り、故郷はいかがでしたか?
2013.08.30 Fri l 紫陽花. URL l 編集
バンバン爺様へ
v-22 「・・・父母の里遥か」に添付させて頂いた写真が、
お近くの浜辺ではないかとのご指摘、嬉しいです♪♪ v-411

また素乱風さんの花氷の句に寄せていただいた「世界一美しい遺体」の
逸話には、深い感銘を受けました。
まさに私が言わんとして、表現でき得なかった想いを明確にして
いただいたようで感激です。

やはり、575は他の方の感じ方に耳を傾けることでさらに深く鑑賞
できるものですね!
これからも、どうぞよろしくお願いします。v-411
2013.08.30 Fri l 紫陽花. URL l 編集
No title
紫陽花さま
猛暑の中での更新ありがとうございます。
私、素乱風のペネは、
単に、スランプが長く続いている以外の
意味はありません。
そんな中でたくさんの拙作掲載は
励みとなります。
バンバン爺さま
幾つかの作品の中で、
「海」を扱った句に魅かれます。
机上で考えた海ではなく、現実の
美しい厳しい波や風に向き合っておられる
「眼」が感じられるからです。
2013.08.30 Fri l 素乱風. URL l 編集
No title
と~とつですが、
「マイナビeBooks作品コンテスト」の公募です。川柳は30句以上で応募。入賞すれば無料で出版だそうな。「平成のいろは歌」の出版に利用できない?
http://book.mycom.co.jp/blog/ebooks/contest/

2013.09.11 Wed l 残暑お見舞い. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://minatukiajisai.blog.fc2.com/tb.php/203-94a77aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。